悩んでいるときはお電話を。電話番号:048-645-2026/受付時間:9:00~18:00(月~金)

メール法律相談フォーム

法律相談予約フォーム

ブログカテゴリー
ホーム» 中央イズム > スタッフブログ > 弁護士 青木努 > 南紀白浜での憲法討論集会 その後
ブログ

南紀白浜での憲法討論集会 その後

2014年06月18日 スタッフブログ, 弁護士 青木努

和歌山県南紀白浜での自由法曹団5月集会の後,伊勢志摩まで足を伸ばしてきました。

 距離感がないためか,南紀白浜からひたすら車を走らせることになってしまい,
世界遺産になっている熊野を観光することもなく,
それでもなんとか7時少し前に相差(おうさつと読みます)の民宿に到着できました。

相差まで行ったのは,今を遡ること10年以上前,同行させていただいた先輩弁護士の紹介で,
美味しい魚介類を食べさせてもらえ,しかもリーズナブルな値段であった記憶があったためです。

今回は4人での旅でしたが,食べきれない量の魚介類で満ち足りた旅となりました。
その時の写真がこれです。
舟盛り

 

 

でも,こう言うと,「お前には味が分からない」とお叱りを受けそうですが,一番美味しかったのは,
新鮮な刺身とかではなく,前夜の海老を出汁にしたみそ汁でした。
えび

 

 

 

 

 翌日は,伊勢神宮(内宮)に参拝し,ありがたい気持ちになって帰路に。

ところで,皆さん知ってました?
お伊勢参りって,団体旅行のはしりだってこと。

江戸時代には,当時人口は3000万人くらいだったということですが,
1年間に600万人以上がお伊勢参りに行ったこともあるそうで,
1日18万人もの参拝者が訪れたという記録もあるそうです。

お土産は定番の「赤福」でしたが,結局,私自身は一口も食べることができず,
全部家族の胃袋に消えてしまいました。

真珠のイヤリングが欲しいという遠くからの声もありましたが,どのようなものがいいのか男の私には判断できず断念。
でも,さすが真珠の産地近くだけあって,多くの店があり,リーズナブルな値段でいろいろな形に加工されたており,女性にはたまらないでしょうね。

(弁護士 青木努

  • いいね! (0)

詳しくは、「相談案内」のページをご覧ください。

ページの先頭へ
(C) 2021 埼玉中央法律事務所.