悩んでいるときはお電話を。電話番号:048-645-2026/受付時間:9:00~18:00(月~金)

メール法律相談フォーム

法律相談予約フォーム

ブログカテゴリー
ホーム» 中央イズム > スタッフブログ > 弁護士 増田悠作 > イベント報告/2.23北区地域総行動
ブログ

イベント報告/2.23北区地域総行動

2014年02月24日 お知らせ, 弁護士 増田悠作

 2月23日,久しぶりに週末雪も降らず天気に恵まれました。
 まだ,少し寒くはありましたが,元気よく集会とデモに参加してきました。

場所は,さいたま市の北区役所前広場です。はじめ,ステラタウンとの間の広い場所かと思って出かけたところ,そのような人影もなく,午後2時開始で1時30分では早すぎたのかと思い,大丈夫か・・・と思ったところ,場所を間違えたのは私の方で旧中仙道側の広場に実行委員会のメンバーは集まっていました。

 今年から1平方メートル5円の使用料を払うようになり,1人1平方メートルで100名で500円を支払うことになってしまいました。
 
 こっちの会場分かるかなと心配しましたが,来賓で挨拶をすることになっていた増田弁護士や他の事務局ともうまく合流することが出来て一安心。

北区総行動③ 2014.2.22増田弁護士は,安倍政権が推し進めようとしている雇用分野の規制緩和は,労働条件を悪化させることになり,消費税増税も国民の生活に負担を増すばかりであると批判しました。

また,日本国憲法を無視し,集団的自衛権を認めようとする動きも強まり,教育の分野にも政治が介入しやすい仕組みに制度を変えようとしていることは阻止しなければならない,昨年の秘密保護法案反対の闘いにおいて,私達は様々な垣根を越えて共闘することが出来たことをさらに広げ,今年もみなさんと共に闘っていきます。と挨拶しました。

 また,3月25日の北区のノースプラザで行う相続セミナーや4月9日の埼玉弁護士会主催の集会の案内も忘れずにアピールしました。

 

 

 その後,さいたま土建や健康保険労組・国土交通労組・飛鳥交通労組・健康保険労組・埼玉新聞労組・法会労第一経営分会・年金者組合等々10団体の参加者代表が自分達の労働組合の置かれている現状と春闘に向けての闘いを報告しました。

 年金者組合の方は,年金切り下げは許さないと取り組んだ不服審査請求に大宮支部は329名が提出し,そのうち組合員以外から124名も審査請求に参加したことを報告しました。(全国では116,795名・埼玉県では8,549名が不服審査請求をしています。)

そして,集会後デモ行進に移りました。
ステラタウンの周りだけだと思っていたところ,植竹中学校の方まで大きく周り,約1時間余り歩くことになりました。ステラタウンの周りには,マンションがたくさん建ち並び,ステラタウンの周りで遊んでいる人やマンションの窓から見ている方などもおり,昼間の人通りの多く,大注目されました。

DSCF3166 DSCF3149

 

 

(事務局 Zoo)

  • いいね! (0)

詳しくは、「相談案内」のページをご覧ください。

ページの先頭へ
(C) 2019 埼玉中央法律事務所.