悩んでいるときはお電話を。電話番号:048-645-2026/受付時間:9:00~18:00(月~金)

メール法律相談フォーム

法律相談予約フォーム

ブログカテゴリー
ホーム» 中央イズム > スタッフブログ > 弁護士 石川智士 > イベント報告/9.7 いま、『戦争する国』にさせないために
ブログ

イベント報告/9.7 いま、『戦争する国』にさせないために

2014年10月09日 お知らせ, 集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対です!, スタッフブログ, 弁護士 石川智士

 9月7日(日)上尾市内で「第二団地・周辺地域 市井の人々の九条の会」主催、
「いま、『戦争する国』にさせないために」と題する学習会が開催されました。

講師は、石川智士弁護士です。
IMGP0831 ①

 

 

 

 

 

 最初に、「あすわかの会」(明日の自由を守る若手弁護士の会)作成の紙芝居で、
「憲法」についてのそもそもを学びます。

IMGP0832 ② その後、自民党の「憲法改正草案」の問題点について、
現在の日本国憲法と比較しながら、解説しました。

 自民党草案では
・天皇を「元首」にすること
・「自衛権の発動」をみとめ、戦争できる国にする。
・自由・権利は「公益・公の秩序」と相反しない限り主張できる。…「公益・公の秩序」は「公共の福祉」(現憲法13条)とは全然違います!!
・公人の靖国神社参拝などは「社会的儀礼」としてOKにする。
・労働基本権は制限される。
  …………
などなど詳しく説明。

 

 

また、3名の方から、戦争体験についてのお話がありました。
IMGP0835 ③ IMGP0828 ④

 

 

 

 

 その中のお一人、第二次大戦時、お父さんが志願兵だったという女性からは、
「父は、中国で関東軍でした。『泣く子も黙る』と恐れられていた軍隊です。
関東軍は終戦直前、中国に移住していた日本人を置いたまま、撤退しました。

父は、『軍隊は国民を盾にはするが、守りはしない』と言っていました。

また、無事に日本に帰ってきて、父が祖父から言われた言葉は
『なぜ帰ってきた。おまえが靖国に行けば、国から金がもらえる』でした。

それから父は、祖父と没交渉になりました。
祖父が亡くなったときも、お線香を上げに行っただけでした。

そして父は、戦後軍人恩給を受けませんでした。」とのことでした。

よく、ドラマなどでは、「お国のために」泣く泣く子どもを出征させて、
悲しみに暮れる母親が描かれます。

それは多くの人々の共通の気持ちですが、それとは対局にある振る舞いによって、
その後の親子関係に深い傷を残し、ついぞ修復できなかった。
という事実があったことに、愕然としてしまいました。

戦争とはなんと罪深いことでしょうか。

(よ)

  • いいね! (0)

詳しくは、「相談案内」のページをご覧ください。

ページの先頭へ
(C) 2020 埼玉中央法律事務所.