悩んでいるときはお電話を。電話番号:048-645-2026/受付時間:9:00~18:00(月~金)

メール法律相談フォーム

法律相談予約フォーム

取扱業務

交通事故Q&A

交通事故についてのよくある質問をご紹介しております。

質問 私は専業主婦です。先日、交通事故に遭いまして、1ヶ月間入院しました。私には5歳の子供がいますので、入院期間中は母親にきてもらい、家事を助けてもらいました。
ところで質問なのですが、私は専業主婦で無収入でしたから、休業損害はもらうことはできませんよね。
回答

いいえ、そんなことはありません。
専業主婦の家事・育児も立派な仕事であり、休んでいた期間は休業損害として認められるのです。
では、損害はどのように算定するのかですが、現在の実務の取扱いは、賃金センサスの女子労働者の平均賃金をもって算定されます。
また、兼業主婦の場合にもその賃金が女子労働者の平均賃金を超えるときは賃金を基礎にし、超えないときは女子労働者の平均賃金を基礎とします。
なお、主婦が入院期間中に家事のため家政婦を雇った場合は、その必要性が認められる限り、その支出が休業損害として認められます。

質問 私は、高級外車のベンツを愛用しています。先日交通事故に遭い、1ヶ月ほど車を修理に出しましたので、その期間同等のベンツを代車として借りました。
先日、保険会社に代車料を請求したところ、ベンツの代車料は認められないと言われました。納得がいかないのですが。
回答

代車の必要性があり、代車使用が認められる場合に、代車は事故にあった自動車と同等の車格が認められるかが問題になります。
現在の実務では、同等の高級外車を代車として使用する合理的必要性が認められる特別の事情がない限り、代車は国産車の高級車で十分であるとされています。
従いまして、貴方が仮に高級外車を代車として使用した場合は、高級国産車の代車料との差額は認められず、自己負担となります。そのようなことがないよう、代車にはご注意下さい。

詳しくは、「相談案内」のページをご覧ください。

集団的自衛権行使容認に反対です!

中央イズム SAICHU

大宮駅東口 徒歩5分。旧中山道沿い、「あじせんビル」4階が受付です。
事務所外観事務所入口
〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-28
あじせんビル6階(受付4階)
TEL:048-645-2026(代表)
FAX:048-643-5793
地図

コラム-行列のできぬ法律相談所

はぐたまカフェ-女性のための相談&おしゃべりカフェ

所属弁護団一覧

関連サイト
アーバンエステート被害対策弁護団通信
武富士取締役責任追及訴訟
ページの先頭へ
Copyright (C) 埼玉中央法律事務所. All rights reserved.