新型コロナウィルスに関する
生活支援

ホーム / 生活支援 / 国からもらえるお金
生活支援
国からもらえるお金
新型コロナウィルス感染症に伴う給付金のご紹介をします。
内閣官房の一覧表も便利で最新の情報が記載されています。こちらも併せてご参照ください。
→内閣官房の一覧表
1人あたり10万円の現金給付「特別定額給付金」
もらえる人 誰でも(2020年4月27日に住民基本台帳に記録されている全ての人。国籍問わず)
金額 10万円(1人あたり)
窓口 市区町村。ただし、ネットや郵送での申請が原則
申請 3か月以内(郵送の申請受付開始日から数えて)
情報 総務省「特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)
家賃相当額をもらえる「住居確保給付金」
もらえる人
  • ・離職・廃業後2年以内の人
  • ・離職や廃業と同程度の状況にある人
(いずれも収入・資産・求職活動等の要件あり)
金額 原則3か月分(最長9か月分)
世帯人数により上限あり(東京都特別区の単身世帯は53,700円/月)
窓口 市区町村の自立相談支援機関
情報 厚労省「生活困窮者自立支援制度
子育て世帯がもらえる「令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金」
もらえる人 児童手当をもらっている人
金額 1万円(児童1人あたり)
窓口 原則申請不要。
(問い合わせは、市区町村の子育て世帯への臨時特別給付金窓口)
ひとり親世帯がもらえる「ひとり親世帯への臨時特別給付金」
もらえる人 児童扶養手当をもらっている人
金額 1世帯5万円、第2子以降ひとりにつき3万円(基本給付)
追加給付5万円
窓口 基本給付は申請不要。
追加給付(コロナで家計が急変し収入が減少した場合):市区町村
情報 厚労省「ひとり親世帯臨時特別給付金
「ひとり親世帯臨時特別給付金」コールセンター:0120-400-903
学生がもらえる「学生支援緊急給付金」
もらえる人 大学・短大・高専・専門学校生等
(家庭から自立してアルバイト収入で学費を賄い、収入が大幅減)
金額 20万円(住民税非課税世帯の学生)
10万円(上記以外)
窓口 各学校(学生課等の窓口)
情報 文科省「「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』
生きることは当然の権利「生活保護」
もらえる人 資産、稼働能力等の審査あり
※コロナとの関係で一部要件緩和。あきらめないで!
金額 健康で文化的な最低限度の生活ができる額
(家賃、医療費等も扶助が出る)
窓口 市区町村の福祉事務所
手続 申請から原則14日以内に生活保護を受けられるか判断
借金の整理を検討する必要が出たとき
等の法的手続が考えられます。 お早めに弁護士事務所にご相談ください。法的手続の必要があるかどうかも含め、アドバイスをさせていただきます。
新型コロナウィルスの影響によりお困りの方は、まずはお問い合わせください。
048-645-2026
受付時間 / 9:00~18:00(月~金)