悩んでいるときはお電話を。電話番号:048-645-2026/受付時間:9:00~18:00(月~金)

メール法律相談フォーム

法律相談予約フォーム

ブログカテゴリー
ブログ

散る桜

2015年04月16日 スタッフブログ, 事務局

今年の桜は,惜しむ間もなく,あっという間に散ってしまいました。
桜の散り際は,切ない気持ちになります。私は,毎年この季節になると,思い出す句があるのです。

 

 桜

 

 

      散る桜   残る桜も   散る桜

 

 

 

 

 

江戸時代の僧侶,良寛和尚の句です。
桜がみんな散っていくように,私たち人もみんないつか命を終える,そんな儚い存在なんだと。

 以前は,寂しい句だなぁという印象だけが残っていましたが,
今は少し違う感じ方をするようになりました。

「 儚い存在だけれども,儚い存在だからこそ,
今この時を,精一杯悔いのないように生きなさい」
という良寛さんからのメッセージのように感じます。

 

そうして,人が精一杯生きた後には,大切ななにかが残る。

その人をかたちづくっていた身体はなくなっても,
後を生きる人たちのなかに,その人の「生きる姿勢」とでも呼ぶべきものが。

それはきっと,途絶えることはなく,人から人へ,ずっと受け継がれるのだと思います。

 

大切な人を失くして迎えた,今年の桜。いつもより,いっそうこの句が胸に染みるのです。

 

(事務局 井深)

  • いいね! (0)

詳しくは、「相談案内」のページをご覧ください。

ページの先頭へ
(C) 2020 埼玉中央法律事務所.