悩んでいるときはお電話を。電話番号:048-645-2026/受付時間:9:00~18:00(月~金)

メール法律相談フォーム

法律相談予約フォーム

ブログカテゴリー
ホーム» 中央イズム > スタッフブログ > 「 かつやで涙 」
ブログ

「 かつやで涙 」

2015年02月02日 スタッフブログ

先日,近所に「かつや」がオープン。

父と母は物珍しさにつられ,「かつや」に行きました。
二人はそれぞれをカツ丼(梅)注文しました。
カツ丼(梅)が目の前にしたとたん母に異変が!

母はカツ丼を一口食べると,
「カツ丼美味しいね。おとうさん。」と言いながら,はらはら涙。

そして,また一口食べ,
「やっぱり美味しいね。お父さん。」また涙・・・。
母はカツ丼一杯食べ終えるまで続いたそうです。

この話,どう思いますか?

私は心温まらず大ウケ!
いや,泣きながらカツ丼って。絶対,店員さん引いてるよ~と大笑い。

一緒にいた父は店員さん戸惑ってたし,
他のお客さんからも注目されたし,途中で帰りたくなったと苦笑い。

母によるとカツ丼を見て,悲しい思い出を思い出したそうですが・・・

事務所の懇親会でこの話をしたら,
某弁護士が一言。

「悲しい思い出って
もしかして…
取調室?」 ぶっはっは~

 

ええっ!まさか!そんなはずは・・・と言いながら
私も思わず吹き出してしまいました。

それにしても,カツ丼=取調室
最近のドラマでも見かけない気がするけど。。。
先生は接見中にカツ丼食べたいと言われたことがあるのかな?

帰宅後,念のため,母に確認したら,
「弁護士さんはそうくるか~。」と大笑い。
悲しい思い出は取調室ではなく,わが家の食卓(母と反抗期の息子の事件)でおきたことだったようです。

とりあえず,私は母にいろいろ誤解を生むから(?)今後,お外でカツ丼食べるときは
「涙は厳禁で!」と,お願いしました。

(事務局 らくさん)

  • いいね! (0)

詳しくは、「相談案内」のページをご覧ください。

ページの先頭へ
(C) 2020 埼玉中央法律事務所.