悩んでいるときはお電話を。電話番号:048-645-2026/受付時間:9:00~18:00(月~金)

メール法律相談フォーム

法律相談予約フォーム

ブログカテゴリー
ホーム» 中央イズム > スタッフブログ > 人魚??? アリエル× ボクちゃん○
ブログ

人魚??? アリエル× ボクちゃん○

2014年11月04日 スタッフブログ

人魚のモデルになったジュゴンを見たことありますか?

今回,私はそのモデル・ジュゴンと同じ「カイギュウ目」に属する
アマゾンマナティーを見てきました。

 

愛称「ボクちゃん」 50歳(推定)

マナティー 横顔 マナティー 全体 看板 看板2

 

 

 

 

誰もいなかったので興味津々,かぶりつきで見ていると,
エサやりにきていた飼育員のかたがいろいろ教えてくれました。

 

「日本でアマゾンマナティーを見られるのは熱川バナナワニ園だけ!

アマゾンマナティーは「カイギュウ目」で最小種。でも300キロくらい。
生息地は淡水域のみで,草食性でアマモなどが主食。
だから,ボクちゃんの食事はキャベツ・にんじん・小松菜などなどの野菜で,

なかでも甘みの強いにんじんや春キャベツがお好み。グルメなんです。」

 

マナティーお食事中② マナティー お食事中

 

 

 

 

 

 

 

食べている姿はなかなかキュートです。
しかし,悲劇もありました…。

 

「2006年には大雨で土砂崩れが起こり,ボクちゃんは一時生き埋めになり
約11時間後に救出され懸命な処置の結果,奇跡的に助かりました。
でもその記憶が残っているのか,今も大雨の日は怯えています。」

 

そんなボクちゃん,

週に一度は水槽の水を抜き座礁させて,飼育員さんから丁寧にあかすり?されるそう。
私にはよく分かりませんでしたが,お手入れをかかさないため美肌らしいです。

ボクちゃんは人魚のイメージから遠いずんぐり姿でしたが,
次第に愛らしく見えてくるから不思議です。

 

でも,一番印象に残ったことは・・・

飼育員さんのボクちゃんへの愛。
深い。とても深い。

話す言葉ひとつひとつに愛を感じました。

 

アマゾンマナティーはジュゴンと同様,乱獲や生息域の環境悪化で絶滅危惧種です。
ぜひ一度,ボクちゃんと飼育員さんに会いに行ってみてはいかがでしょうか?

(事務局 らくさん)

  • いいね! (0)

詳しくは、「相談案内」のページをご覧ください。

ページの先頭へ
(C) 2020 埼玉中央法律事務所.