悩んでいるときはお電話を。電話番号:048-645-2026/受付時間:9:00~18:00(月~金)

メール法律相談フォーム

法律相談予約フォーム

ブログカテゴリー
ホーム» 中央イズム > スタッフブログ > 弁護士 大塚信雄 > もっと知りたい!シリーズ~SSS特集 弁護士大塚信雄編~
ブログ

もっと知りたい!シリーズ~SSS特集 弁護士大塚信雄編~

2014年08月22日 スタッフブログ, 弁護士 大塚信雄, SSS特集~相談する前に知りたい弁護士の素顔~, もっと知りたい!

もっと知りたい!シリーズ
   ~SSS特集 弁護士大塚信雄編~

SSSとは…?
S(相談する前に)S(知っておきたい弁護士の)S(素顔)特集の略称です!
はやくも夏休み中に紹介しきれないのではないかと不安になってきました…。

昨日に引き続きやっと半分…。
6人目はベテランなのに未だに謎が多い大塚信雄弁護士です!

―弁護士を志したきっかけは?
 そうですね。挫折が弁護士を志したきっかけでしょうか。決して高邁な精神や信念が動機ではないのですが、そのような動機があってもいいと思うことにしています。自己弁護かな。 私は、大学受験の時に浪人をしていましたが、その浪人時代に大病をしました。7月に入院して12月に退院し、翌年の1月から2月が大学受験でした。闘病生活で受験勉強はできませんでした。当時、公立高校は浪人が当たり前で、現役時代に受験勉強をしないという風潮があり、私もその一人でした。よって、私の高校時代は勉強などとは縁がなく、昔で言うヤンキーな高校生活を送っていました。遅刻回数は学校創設以来の大記録を打ち立てています。また、1週間の謹慎生活という悪さもしました。どんな悪さをしたかは秘密です。朝の登校時に友達と会うと学校ではなく雀荘に行ってました。暴走族仲間とも遊んでいました。現役時代に真面目にやっていれば・・・。後悔先に立たず。結果、私は志望校に行けず、挫折感を味わい、大学の4年間はほとんど大学には行きませんでした。そんな4年間を過ごし、卒業を間近に控えたある日、自らの誇りをかけ、当時最難関の試験であった司法試験に挑戦しようと思い至ったのです。負けないぞ~。後から、無謀な挑戦だったな、負けそ~と思うこともありましたが、何とか試験に合格し、今に至ってます。

 

―これまでで一番印象に残っている事件(運動)はなんですか。

 20年近く弁護士をしているので、印象に残る事件というのも数多いです。一番を選ぶというのは難しいですね。せめて3つほど選ばせてください。

 つめは、全国的な社会問題となり、全国弁護団が結成されたココ山岡被害者救済事件です。これは、結果が良かったことに加えて、仲間とともに勝ち取ったという点で、思い出深い事件でした。
 つめは、依頼者家族が建築工事の不手際で化学物質過敏症に罹患し、損害賠償を請求したという事件でしょうか。子供達が被害者という点で何とかしなくてはという情熱で突っ走りました。当時、化学物質過敏症に関する裁判は日本全国で過去2件ほどしかなく、しかもいずれも敗訴していました。私は、九州まで研修会に行ったり、化学物質過敏症の権威である医師にも会いに行きました。裁判所の和解の勧告を蹴り、判決に向かいました。判決結果は秘密です。
 つめは、人身保護請求事件でしょうか。子供を親権者である父親から母親が奪い去り、子供の引き渡しを求めた事件です。母親が引き渡さないので、母親を勾留しました。犯罪者ではない母親を勾留するということで問題ではあるのですが、当時、裁判所から勾留期間は日本最長ではないかという話を伺っています。結局、子供の引き渡しを受けることなく釈放するのですが、裁判官が「裁判所の限界です。」と言っていたことが印象深いです。

 

―今後力を入れて取り組んでいきたい事件(活動)はありますか。
 事件に分け隔てはないので、全ての事件に力を入れて取り組んでいると言っていいでしょうか。優等生過ぎる発言かな?活動としては、最近は埼玉県や裁判所等の公的な役職の仕事が増えてきました。これも、弁護士生活が長くなってきたからでしょうか。結構時間をとられて忙殺されています。また、弁護士会の活動としては、東日本大震災を教訓として埼玉弁護士会の地震対策マニュアル作りに取り組んでいます。これが、なかなか大変でつい愚痴が出てしまいます。

 

 ―弁護士にとって一番大切なものってなんだと思いますか?
 バランスを失わない正義感・公平と情熱でしょうか。最も私がこれを満たしているというわけではありません。あくまでも理想です。理想の実現は困難なものです。よって、私は未だに実現できておりません(自己弁護)。しかし、目指す気持ちは持ち続けています。
 それと、私が日々の業務で大切と考えていることは「ほうれん草」です。依頼者に対する報告・連絡・相談です。この内いずれかを欠いても依頼者との信頼関係が崩れると思います。この点につきましては、実践できていると自負しております。もっとも、私のこれまでの依頼者の皆さんに聞いてみないと自負が正しいかは判りませんが。たぶん及第点でしょう?いや、及第点であってほしい・・・。

 

最後は事務局に聞いてみた!
―事務局からみた大塚先生のエピソードをこっそり教えてください。
 ◇昔「ヤンキーな高校生活」「ほとんど大学に行かなかった」など、とても今では想像できません!(スリムな体型を維持する筋力トレーニングはその時の名残ですかね笑。)いつも笑顔で事務局に接してくださっています。(もちろん、真剣な時は真剣です!)仲良しのA先生と休憩中話されている時も楽しそう。
 ◇机の上が綺麗!帰る時はきっちり片付けてから帰宅されています。サラリーマンから弁護士へ転職されたこともあってか、整理整頓は大得意です(元々の先生の性格ですかね笑)。拭き掃除の時、大塚先生の机の上が一番気持ちいいです。
 ◇当事務所では意外にも唯一、選挙の候補者になりました。「チェンジマン」というキャラクターに身を包み、戸田市長選での自転車に乗った遊説の活躍など、いつもの先生とは違う一面が見られ、びっくりしました。
 ◇事務所ニュースで大人気?「行列のできぬ!?法律相談所」でコラムを執筆。ケーススタディで紹介されているのでわかりやすいと評判です。まだご覧になったことがない方はHP上でも掲載していますので、ぜひご覧下さい!勉強になりますよ。

 

もっともっと知りたい!という方は、大塚弁護士の関連ブログをご覧ください!
URL https://saitamachuuou.gr.jp/blog/staff/otsukablog/

(SSS担当)

 

  • いいね! (0)

詳しくは、「相談案内」のページをご覧ください。

ページの先頭へ
(C) 2018 埼玉中央法律事務所.