悩んでいるときはお電話を。電話番号:048-645-2026/受付時間:9:00~18:00(月~金)

メール法律相談フォーム

法律相談予約フォーム

ブログカテゴリー
ホーム» 中央イズム > お知らせ > イベント報告 > あいちトリエンナーレに行ってきました
ブログ

あいちトリエンナーレに行ってきました

2019年09月26日 お知らせ, スタッフブログ, イベント報告

休日にあいちトリエンナーレ(通称あいトリ)に行ってきたので,ちょこっと報告です。

「表現の不自由展・その後」が中止されている閉ざされた扉の前に行ってみると
「#YOur Freedom」というアクションが行われていました。

 

 

 

 

 

 

扉の前にメッセージカードが置いてあって,来場者がそのカードに「自分が自由を奪われたと感じた体験」や
「差別や偏見、我慢や諦めを強いられた具体的なエピソード」を書いて扉に貼るというものです。

あとからネットで調べたところによると,展示が中止された扉へのオーディエンス協同アクションということで
9月14日から行われています。
あいトリ参加アーティスト(現在の賛同アーティストは35組)が「RE FreedomAICHI」という組織をたちあげて,
はじめたアクションの一つだそうです。
不自由展の再開と、不自由展に連帯して自分の作品を展示中止としたアーティストすべての作品が展示されること
(すべての扉が開かれること)を求めるアクションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

扉には不自由展の出品作家の大浦さんの抗議声明,その下に少女の平和像作者の韓国人アーティストのコメントが貼ってあり、
そのまわりにたくさんの来場者のメッセージカードが貼られていました。
私が訪れたときにはもう扉に貼りきれなくなっていて,カードが壁にまで広がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「みたかった作品を鑑賞する自由が奪われている。展示再開を」というような展示再開をもとめるカードをたくさん目にしました。
また,とても個人的な体験を書いてあるカードもたくさんありました。
「中学高校の制服でスカートを強要されて嫌だった」
「夫の海外転勤についていかざるを得なかった」
「周囲からの結婚はまだ?という圧力」
「妊娠したら身体的にハードな部署に異動させられた」
「結婚して姓を変えなくてはならなかったこと」
などなど。。
一枚一枚のカードに見入ってしまいました。
扉の前で、時間をかけてカードを読んだり、カードを書いたりする人の姿をたくさん見かけ,
これだけの人が関心を持ったり,心を寄せているんだなあと救いのようなものを感じました。
私も扉が開かれることを願って一枚カードを貼ってきました。

(事務局)

  • いいね! (1)

詳しくは、「相談案内」のページをご覧ください。

ページの先頭へ
(C) 2019 埼玉中央法律事務所.