悩んでいるときはお電話を。電話番号:048-645-2026/受付時間:9:00~18:00(月~金)

メール法律相談フォーム

法律相談予約フォーム

ブログカテゴリー
ホーム» 中央イズム > スタッフブログ > 弁護士 長田淳 > もっと知りたい!シリーズ~SSS特集 弁護士長田淳編~
ブログ

もっと知りたい!シリーズ~SSS特集 弁護士長田淳編~

2014年07月30日 お知らせ, スタッフブログ, 弁護士 長田淳, SSS特集~相談する前に知りたい弁護士の素顔~, もっと知りたい!

もっと知りたい!シリーズ
   ~SSS特集 弁護士長田淳編~

 

SSSとは…?
S(相談する前に)S(知っておきたい弁護士の)S(素顔)特集の略称です!

前回の増田悠作弁護士に続き、二人目は長田淳弁護士。
では聞き立てのインタビューをどうぞ。

―弁護士を志したきっかけは?
 中学2年の進路指導のとき,将来なりたい職業を書く欄になんと書けばいいのか悩んでいたら,父親が「おまえは理屈っぽいから,弁護士にでもなれ」と言われたのが,一番はじめだったんじゃないかな。それまでは将棋のことばっかり考えている少年で,本当にプロの棋士を目指していたけど,このころになってくると,自分の実力ではプロにはなれないってところが見えてきちゃってた。そんなときに,父親の一言で弁護士という道を,考え始めたような気がしますね。
 僕は,納得いかないことがあれば,相手が学校の先生だろうと食ってかかるような子どもで,そんなところが両親には「理屈っぽい」と映ったようです。例えば,中学2年の時には,「なんでご飯には梅干しだけなんだ!」という理不尽と闘いました。当時,僕が通っていた中学は,給食で提供されるのはおかずだけで,主食のごはんは自分で持って行ってたんだけど,なぜか校則で「ごはんには梅干し1個だけしか入れてはいけない」って決められてた。おかしいでしょ。ふりかけだっていいでしょって(笑)頑張ったけど,結局この校則は変えられなかった。悔しかったですね。

 

―これまでで一番印象に残っている事件(運動)はなんですか。
 平成14年ころ,資金繰りに行き詰まり不渡りになりそうだという相談を受けました。よくよく聞いてみると,ヤミ金からの借り入れも8社くらいあって,そうこうしているうちにヤミ金に家に上がり込まれてしまった。こちらから,警察に動いてもらうように働きかけても,「民事不介入」を理由にまったく動かない。「何言ってんですか!(怒)」とかなり厳しい言葉で返したら,「先生がそういう口調だからヤミ金も怒るのではないですか」と言われたので,もう頭にきて「今からいく!!」と依頼者の自宅に駆けつけました。さすがに警察も,弁護士が来ると言うことで,ようやく動いて,結局ヤミ金二人を追い返してその場は収まったけれど,このときの経験が基になって「ヤミ金被害対策弁護団」を立ち上げることになりました。
 また,埼玉弁護士会の消費者問題対策委員会でも問題にして,「こんなヤミ金を放置している警察は絶対おかしい」と訴えて,警察や県の消費生活課を巻き込んで,ヤミ金対策協議会を立ち上げ,これ以降はきちんとヤミ金に対処し,逮捕できるということになりました。

 そのほかにも,印象に残っている事件はたくさんあるのですが,またの機会に。

 

―今後力を入れて取り組んでいきたい事件(活動)はありますか。
 クレジット会社と,悪質な詐欺会社との間に入って,甘い汁を吸っている決済代行会社を撲滅させたいと思っています。もちろん,一番悪いのは悪質な出会い系サイトなどを運営している詐欺会社でしょう。しかし,決済代行がそこに介在していることで,被害者の救済が難しくなっている現状では,決済代行会社が詐欺の片棒を担いでいるのと同じです。

 

―弁護士にとって一番大切なものってなんだと思いますか?
実力。
全てひっくるめた「実力」。

もっともっと知りたい!という方は、長田弁護士の関連ブログをご覧ください!
URL https://saitamachuuou.gr.jp/blog/staff/osadablog/


(SSS担当)

  • いいね! (0)

詳しくは、「相談案内」のページをご覧ください。

ページの先頭へ
(C) 2018 埼玉中央法律事務所.